[wiki]Google Chrome Enterpriseについてのメモ

Google Chrome Enterpriseについてのメモ

Google Chromeは通常ユーザプロファイル1)の下にインストールされます。
近年一般的にアプリケーションはC:\Program Files配下2)にインストールされるのとことなり、いくつかの点で問題がでます。
また、Standalone版3)というのもありますが、これも結局はユーザプロファイルの下にインストールしてしまうので、同じです。

そこで、解決バージョンして2010年12月4)よりEnterprise版(MSI形式オフラインインストール版)というのがでています。
Googleではビジネス用として提供しているようですが、通常のChromeがC:\Program Files5)配下でインストールできるので、
共用PCや移動ユーザプロファイル、SSD環境下でプロファイルを別ドライブにしているヒトにはもってこいでしょう。

入手方法

Google Chrome for Windows - 利用規約からダイレクトにダウンロードできます。
既定のブラウザにするをチェックいれてた場合といれていない場合アプリケーションファイル名は同じですが、サイズが若干異なり、MD5で中身を比較すると異なるので、必要に応じてチェックを入れてください。
Google Apps for Bussiness版のビジネス向け Chrome ブラウザからもDLできますが、上記サイトとはファイル内容が異なりますので、必要に応じて内容チェックして必要な方を使って下さい。

インストール方法

一応MSI版なので二つのインストール方法を記載しておきます。

通常のインストール

ローカルユーザでログインし、管理者権限をもつユーザでMSIを実行しインストールするとUACなどの確認画面がでてきますが、特にめぼしいメッセージもでずにインストールが完了します。

ActiveDirectory環境下での配布方法

MSI版なので、ドメインに参加しているコンピュータへ配布してインストールさせることができます。

グループポリシーの管理用テンプレート

Enterprise版だけの話ではなく、他のChromeも対象ですが、AD環境下のグループポリシーを使って特定の設定項目のみ編集することができます。
Policy Templates - The Chromium Projectsから必要なものをダウンロードしてADMやADMXテンプレートを追加して使って下さい。
詳細はhebikuzureさんブログGoogle Chrome をグループ ポリシーで管理する « Hebikuzure's Tech Memoを参考にしてください。

参考資料

1) XPならC:\Document and Settings\ユーザ名配下、Vista以降ならC:\Users\ユーザ名配下のことです
2) ただし、標準のままではD:\など他のドライブへはインストールできないようです。
3) いわゆるオフライン版。Google Chrome for Windows - 利用規約からDL可能。
4) 詳細は参考資料
5) 64Bit環境ではC:\Program Files(x86)配下になります。
tech/memo/chrome-enterprise.txt · 最終更新: 2012/05/08 18:24 (外部編集)
Copyright (c) 2011-, Secret Society Across, and etc. All Rights Reserved.
Driven by DokuWiki FreeBSD Recent changes RSS feed Valid CSS Valid XHTML 1.0